公益財団法人横浜市知的障害者育成会は、障害者の方々雇用に関する支援事業を行っています。|神奈川県横浜市

qrcode.png
http://yokohama-ikuseikai.jp/
モバイルサイトにアクセス!
公益財団法人
横浜市知的障害者育成会
〒221-0823
神奈川県横浜市神奈川区
二ツ谷町9-5
TEL.045-322-1835
FAX.045-323-1498
003432
 

チャレンジフィールド

 

就労移行支援センター チャレンジフィールド

就労移行支援センター チャレンジフィールド
 
 チャレンジフィールドでは、農作業を中心に訓練を行い、社会生活におけるマナーや就労に必要な体力・集中力などを身につけることを目標にしています。
 
就労移行支援・就労継続支援B型センター チャレンジフィールドの概要
 平成4年より横浜市の委託事業『横浜市障害者農業就労援助事業』として行ってまいりましたが、自立支援法制定に伴い、平成19年10月から多機能型事業所(就労移行支援事業と就労継続支援B型事業を併せ持つ事業所)「就労移行支援センター チャレンジフィールド」として新しくスタートし、活動しています。
 チャレンジフィールドでは、農業分野での作業を軸としながら清掃活動なども取り入れ、社会生活に必要なルールや、就労に必要な体力・集中力を身につけることに重点を置いたプログラムを考えています。
 作業訓練以外でも、レクリエーションとして4か月に一度程度、休日にボウリング大会や親睦食事会などの行事も行っています。
 ワーキングセンター農業班時代から30年近く培ってきた就労支援のシステムを、広く他分野にも活用し、みなさんの「働きたい」をサポートしたいと考えています。
 
※ 横浜市障害者農業就労援助事業
 主に知的障害者の就労の場を農業分野へと拡大していくために、職員とともに農業作業研修を行い、野外研修等を通して農業への知的や作業力等を高めることを目的とした事業です。
 

就労移行支援事業所

就労移行支援事業所
 
就労移行支援事業の目的
・就労を希望している方を対象に訓練を行い、適性に合った職場の開拓や、就労後の定着などの支援をします。
・農作業や清掃作業を中心に、基礎体力や就労に必要な応用力や技術を身につけることを目標とします。
・基本的作業や生活習慣が身についた方は、より実践的な施設外訓練を行い、個人の目標に合ったステップアップを行います。
・職員と共に作業を行い、実際に就労した場合に近い形にすることにより、職業生活のイメージを膨らませます。
 
活動内容
 ★ 牛舎清掃・牛の餌やり・餌作り
 ★ 農作業補助
  ・除草
  ・出荷準備
  ・畑の片付け
 ★ 清掃  他
 
 
就労に向けて
 適性に合った職場・職域の開拓をし、実習などを通し本人とのマッチングを計り、就労への移行をサポートします。
 就労した後も、巡回・相談や各種プログラムを通して、より良い職業生活のためのサポートをします。
 離職された方も再利用が可能なので、安心して就労にチャレンジできます。
 
施設概要
 
 事業所住所(移行支援事業所)
 〒233-0014
 横浜市港南区上永谷町4835
 電話/FAX  045-847-1290
 曜日/時間
 月~金(土日・祝日は休み)
 午前8時30分~午後4時15分
 期間(就労移行支援事業所)  概ね2年間
 事業開始  平成19年10月1日 ※
 事業内容
 就労移行支援事業
 作業内容
 ・牛の世話
 ・農作業
 ・清掃作業  他
 
 目標工賃(平成28年度)      時給 170円              
 
 
※平成元年より『横浜市障害者農業就労援助事業・ワーキングセンター農業班』として活動してまいりましたが、平成19年10月に自立支援法による就労移行支援事業と就労継続支援事業(B型)の多機能型事業に移行し、新しい事業としてスタートしました。
公益財団法人横浜市知的障害者育成会
 
詳細
 【定員】   8名
 
 【支援体制】 職員 4名 (管理者・サービス管理責任者・就労支援員・生活支援員・職業指導員)
 
 【営業時間】 月曜日~金曜日 8:30~16:15
                (12:00~13:00食事休憩・他休憩45分)
 
 【休業日】  年末年始・その他行事による代休
 
 【サービス提供時間】
        月曜日~金曜日 8:30~17:00
 
 
 【施設長】  伊澤 和弥(管理者)
 

事業所アクセス

事業所アクセス
 
就労移行支援事業所
 横浜市営地下鉄 上永谷駅 徒歩20分
 

写真

写真
 

就労継続B型事業所

就労継続B型事業所
 
就労継続支援B型事業の目的
・離職した方や適性に合った就労が見つからない方に、福祉就労の場を提供します。
・離職者やすぐに就労に結びつかない方に、ステップアップできるよう、職業の場の確保をいたします。
・花卉栽培を中心とした作業を通し生産的活動を提供すると共に、一般就労に向け必要な知識や能力の向上を目標に活動します。
 
活動内容
 ★ 花卉栽培
 ★ 花卉販売
 ★ 花卉の植え込み・灌水・花壇の除草
 ★ エコキャップの分別
 ★ 清掃(公園、駅前等)
 
 
就労継続支援事業の概要
 事業所住所(就労継続支援B型事業所)
 〒233-0012
 横浜市港南区上永谷2-11-1
  いずみプラザ上永谷109
 電話/FAX  045-374-5944
 曜日/時間
 月~金(土日・祝日は休み)
 午前9時~午後4時15分
 期間(就労継続支援B型事業所)  特に定めなし
 事業開始  平成19年10月1日 ※
 事業内容
 就労継続支援事業
 作業内容
 ・清掃作業
 ・花卉栽培
 ・エコキャップ分別  他
 
 目標工賃(平成28年度)      時給 115円              
 
※平成元年より『横浜市障害者農業就労援助事業・ワーキングセンター農業班』として活動してまいりましたが、平成19年10月に自立支援法による就労移行支援事業と就労継続支援事業(B型)の多機能型事業に移行し、新しい事業としてスタートしました。
公益財団法人横浜市知的障害者育成会
 
詳細
 【定員】   12名
 
 【支援体制】 職員 3名 (管理者・サービス管理責任者・生活支援員・職業指導員)
 
 【営業時間】 月曜日~金曜日 9:00~16:15
                (12:00~13:00食事休憩・他休憩15分)
 
 【休業日】  年末年始・その他行事による振替休
 
 【サービス提供時間】
        月曜日~金曜日 8:30~17:00
 
 
 【施設長】  伊澤 和弥(管理者)
<<公益財団法人横浜市知的障害者育成会>> 〒221-0823 神奈川県横浜市神奈川区二ツ谷町9-5 TEL:045-322-1835 FAX:045-323-1498